blog

【ダンベルフライが効かない理由】最大伸展も最大収縮もできていないから

競技団体による正しい筋トレ知識メディア
【トレーニング情報コーナートップへ】

ジムトレーナーとして比較的よく受ける質問が「ダンベルフライが効かない」というものですが、結論から先に言えば、ほとんどの場合、大胸筋の最大伸展ができていない、または、最大収縮ができていないことが理由です。

スポンサーリンク


※本記事は提供元サイト(BUKIYA-MOBILE/武器屋.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。


※本記事は世界チャンピオン金井選手山田選手も所属し、ワールドゲームズや国体にも参加実績のある公式競技団体「JAWA」の情報記事として公開されています。

※当サイトでは、科学的に正しい記載を行うことを第一に考えており、「厚生労働省|eヘルスネット」および公共性の高い情報サイトである「Wikipedia」からエビデンスを担保しています。主なエビデンスに関してはこちらのページでご確認ください。

■ダンベルフライのやり方

こちらが理想的なダンベルフライのフォームの動画です。やや肘を曲げ、可能な限りダンベルを下ろします。

次に大胸筋を意識しながら肘はやや曲げたまま腕を閉じていきます。この時に、やや顎を引くことも意識してください。

腕を閉じきったフィニッシュポジションになったら、ここではじめて肘を伸ばし、大胸筋を絞るようなイメージでダンベルを押し上げ、大胸筋を完全収縮させます。

スポンサーリンク

■ダンベルフライで大胸筋を最大伸展させるコツ

ダンベルフライで大胸筋を最大伸展させるためには、できるだけ下までダンベルを下ろすことが唯一の方法です。

初心者の方に多いのが、ダンベルの重さを重く設定してしまうミスで、ダンベルの重量は「下までダンベルを下ろしたポジションでも挙げられる重量」です。

また、肩に痛みを感じてダンベルを深く下ろせない場合は、手の平が向き合う構え(ハンマーグリップ)で行うとともに、肩のラインよりもややヘソ側にダンベルを下ろすと、肩への負荷が軽減されます。

なお、ダンベルフライが肩にばかり効いてしまう方は、肩甲骨の寄せが甘く、ダンベルを挙げる初動が三角筋主働になっており、大胸筋が十分に使われていないことが考えられます。

■ダンベルフライで大胸筋を最大収縮させるコツ

ダンベルフライで大胸筋を最大収縮させるためには、腕を閉じたフィニッシュポジションで、ダンベル同士を合わせ、やや上方に押し出すことで大胸筋が完全収縮します。

スポンサーリンク







※当サイトの表現するバルクアップとは筋肥大、バストアップとは胸の土台となる大胸筋のバルクアップ、ダイエットとは健康的な体脂肪率の減少、引き締めとは食事管理と合わせた総合的なダイエットを指します。

【執筆者情報】上岡岳|日本アームレスリング連盟常任理事|元日本代表|国際レフリー|ジムトレーナー|生物学学芸員