blog

【筋トレ向きレタス料理】鶏肉と組み合わせてダイエットにも最適なレシピ

競技団体による正しい筋トレ知識メディア

ダイエット筋トレの食材野菜の一つとして最適なレタスを使った鶏肉料理をご紹介します。また、あわせてレタスがダイエットに良い理由も解説します。

スポンサーリンク


※本記事は提供元サイト(BUKIYA-MOBILE/武器屋.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。


※本記事は世界チャンピオン金井選手山田選手も所属し、ワールドゲームズや国体にも参加実績のある公式競技団体「JAWA」の情報記事として公開されています。

■レタスがダイエット筋トレに良い理由

●物理的満腹感がありカリウムも多い

こちらが、今回の材料のレタス・鶏肉(皮は取って使用)・卵・ニンジンです。

レタスはまず、たくさん食べられほとんどカロリーがないので、食事の前半に食べると物理的満腹感が得られ、ご飯など炭水化物の摂取を抑えることができます。

また、レタスには筋肉収縮に直接的な影響のあるカリウム(体内のカリウムポンプに必須)が多く含まれているので、筋トレをしてダイエットを目指す方には最適な野菜の一つです。

■レタスの鶏肉料理の作り方

●たくさんのレタスを食べやすく刻む

まずは、レタスを食べやすくするために細切りに刻みます。これだけレタスを食べると、お腹がいっぱいになるので、ほとんどご飯が欲しくなくなります。

鶏肉は必ず皮を取り除きます。これだけで、カロリーはおよそ半分になります。

皮を取り除き、一口大にカットした鶏肉をテフロン加工のフライパンで油を使わずに焼きますが、鶏肉は熱が通りにくいので、弱火で蓋をして蒸し焼きにするのが、焦がさず中まで美味しく火を通すポイントです。

鶏肉が焼けたら、あらかじめボイルしておいたニンジンを加え、お好みの味付けをします。

鶏肉が焼けたら、レタスをたっぷりとお皿に盛りつけて、焼き上がった鶏肉を乗せ、ゆで卵をトッピングして出来上がりです。

簡単に作れて、美味しくヘルシーなので、是非お試しください。

■食材別の料理レシピ集



筋トレやダイエット後にタンパク質食品として欠かせないのが、牛肉・豚肉・鶏肉・魚介類などです。下記のリンク先で各食品それぞれのバルクアップ向き・ダイエット向きレシピをご紹介していますので、日々の食事メニューの参考にご活用ください。

【牛肉料理レシピ集】
【豚肉料理レシピ集】
【鶏肉料理レシピ集】
【魚介料理レシピ集】

■食品・食材・食事メニュー名での検索




当サイトでは、筋力トレーニング(筋肥大バルクアップ・減量ダイエット)に適した食事レシピ・食材紹介を1000記事以上のボリュームでご紹介しています。


気になる食品・食材・食事メニュー名を入力の上、サイト内の検索を行って情報を入手してください。


▼食品・食材・メニュー名で検索


■筋トレむき食品のご紹介




ダイエットや筋トレによいタンパク質食品と言えばサラダチキンが有名ですが、最近ではサラダチキンにかわりカツオスティックに人気が高まっているのをご存知でしょうか?


サラダチキンより高タンパク質で、なおかつ料理レシピのアレンジ幅も広いのが特徴です。詳しくは下記の記事でご紹介していますので、ご参照ください。


▼詳細記事


【サラダチキンもいいけどカツオスティックも◎】ダイエットや筋トレに最適なタンパク質食品




【トレーニング記事カテゴリー】

自重トレーニングチューブトレーニングダンベルトレーニングバーベルトレーニングマシントレーニングバランスボール筋トレ筋トレメニュー記事部位別メニュー記事筋肉部位別の名称・構造・作用筋トレのさまざまな知識筋トレと食事の知識バルクアップ筋トレ記事細マッチョ筋トレ記事筋トレ女子向き記事筋トレ初心者向き記事アラフォー男女向き記事アラフィフ男女向き記事トレーニンググッズ記事実際の食材レポート記事発想の筋トレコラム記事腕相撲が強くなる筋トレ各競技アスリート執筆記事


※当サイトの表現するバルクアップとは筋肥大、バストアップとは胸の土台となる大胸筋のバルクアップ、ダイエットとは健康的な体脂肪率の減少、引き締めとは食事管理と合わせた総合的なダイエットを指します。

【執筆者情報】上岡岳|日本アームレスリング連盟常任理事|元日本代表|国際レフリー|ジムトレーナー|生物学学芸員