blog

【カップヌードル筋トレ最適化】高タンパク質な赤身牛肉を追加して筋肉飯に

競技団体による正しい筋トレ知識メディア

カップヌードルはジャンクフードとして、筋トレNG食品のように言われますが、バルクアップ筋トレに関してはそうとも言いきれず、実際にオフ期の筋肉合成カロリーとしてカップヌードルを食べるパワー系競技選手も少なくありません。

今回は、カップヌードルに高タンパク質低カロリーな赤身牛肉を加えて、バルクアップ筋トレに最適な「タンパク質:筋肉合成カロリー」=「1:2」を目指しました。

スポンサーリンク


※本記事は提供元サイト(BUKIYA-MOBILE/武器屋.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。

※当サイトの記事は高速表示低パケット化のため一部の動画を静止画表示にしています。各トレーニング種目の動画付き解説はこちらの一覧からご覧ください。

■カップヌードルと赤身牛肉のカロリー・栄養素

●合計するとかなり良いスコアになる

こちらが、今回の材料のカップヌードルと赤身牛肉200gで、それぞれのカロリー・栄養素は以下の通りです。

○カップヌードル一食のカロリー・栄養素

カロリー:353kcal
タンパク質:10.7g (42.8kcal)
脂質:15.2g (136.8kcal)
炭水化物:43.4g (173.6kcal)

○赤身牛肉200gのカロリー・栄養素

エネルギー:280kcal
タンパク質:45g (180kcal)
脂質:9.2g (82.8kcal)
炭水化物:1g (4kcal)

そして、これらを合計すると以下の通りになります。

○牛肉+カップヌードルのカロリー・栄養素

エネルギー:633kcal
タンパク質:55.7g (222.8kcal)
脂質:24.4g (219.6kcal)
炭水化物:44.4g (177.6kcal)

ややハイカロリー気味ですが、ハードゲイナー=筋肉がつきにくい体質の方には、タンパク質に対してこれくらいのカロリーが必要です。

■牛肉カップヌードルの作り方

●牛焼肉で蓋をすると風味が倍増する

作り方はいたって簡単です。まずは赤身牛肉をテフロン加工のフライパンで炒めます。なお、軽く塩コショウで味付けをしました。

お湯を沸かし、カップヌードルに注ぎます。

炒め上がった牛焼肉で蓋をすると風味が倍増します。

タンパク質とカロリーだけでなく野菜もしっかりと食べるのは、筋トレ食事メニューの基本ですので、野菜も忘れずにいただきましょう。

■食品・食材・食事メニュー名での検索




当サイトでは、筋力トレーニング(筋肥大バルクアップ・減量ダイエット)に適した食事レシピ・食材紹介を1000記事以上のボリュームでご紹介しています。


気になる食品・食材・食事メニュー名を入力の上、サイト内の検索を行って情報を入手してください。


▼食品・食材・メニュー名で検索


■筋トレむき食品のご紹介




ダイエットや筋トレによいタンパク質食品と言えばサラダチキンが有名ですが、最近ではサラダチキンにかわりカツオスティックに人気が高まっているのをご存知でしょうか?


サラダチキンより高タンパク質で、なおかつ料理レシピのアレンジ幅も広いのが特徴です。詳しくは下記の記事でご紹介していますので、ご参照ください。


▼詳細記事


【サラダチキンもいいけどカツオスティックも◎】ダイエットや筋トレに最適なタンパク質食品



※当サイトの表現するバルクアップとは筋肥大、バストアップとは胸の土台となる大胸筋のバルクアップ、ダイエットとは健康的な体脂肪率の減少、引き締めとは食事管理と合わせた総合的なダイエットを指します。

【執筆者情報】上岡岳|日本アームレスリング連盟常任理事|元日本代表|国際レフリー|ジムトレーナー|生物学学芸員