blog

【音楽は筋トレのテンションを上げる】最適なプレーヤーも解説

【トレーニング情報コーナートップへ】

トレーニング情報について調べる

筋トレ中に音楽プレーヤーでアップテンポな曲を聴くことで、交感神経が刺激されトレーニング効率が向上することは知られており、実践しているトップアスリートも少なくありません。

その理由やメカニズムを科学的に解説するとともに、どのような音楽プレイヤーがトレーニングに適しているかもご紹介します。

スポンサーリンク


※本記事は提供元サイト(BUKIYA-MOBILE/武器屋.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。

※当サイトの記事は高速表示低パケット化のため一部の動画を静止画表示にしています。各トレーニング種目の動画付き解説はこちらの一覧からご覧ください。


■音楽を聴くことの筋トレメリット

●交感神経が刺激され活動的ホルモンが分泌される

shinkei.jpg

人間の自律神経には、交感神経と副交感神経とがあり、それぞれ、前者は「活動」を後者は「休息」にたずさわっています。

交感神経が優位な「活動モード」は、古代の人類で言えば「狩猟モード」で、そのために有利なホルモン(アドレナリンなど)が分泌され、血管は拡張し心拍数・脈拍数・体温は上昇します。

筋トレをふくめて運動を行うのには最適な状態です。

逆に副交感神経が優位な「休息モード」では、食事・睡眠・回復などに関わるホルモンが分泌され、食欲や睡眠欲などが増徴します。

筋トレ中にこちらのモードにスイッチが入るのは避けなくてはいけません。

■交感神経優位にスイッチする方法

●人は古代から音楽で神経を高ぶらせてきた

primitive-man-710627_960_720.jpg

交感神経を優位な状態にする方法はいろいろありますが、もっとも原始的で効果的なのが、人類が古代から行ってきた方法=「音楽を聴く」ことです。

アップテンポな音楽を聴くことで、交感神経が刺激されるのは、人間の遺伝子レベルにすり込まれていると言っても過言ではないほど、古今東西・老若男女を問わずに共通のことです。

ですので、トレーニング中にモチベーションを上げ、より運動に適した身体状態に自らを持っていくためには、音楽プレーヤーを使うことが非常に有効です。

■おすすめの音楽プレーヤー

●トレーニング動作の妨げにならないものを三選

・ヘッドホン一体型ウォークマン

ソニー SONY ヘッドホン一体型ウォークマン Wシリーズ NW-WS413 : 4GB スポーツ用 防水/海水/防塵/耐寒熱性能搭載 ブラック NW-WS413 B

まずイチオシなのが、こちらのスポーツ専用に開発されたソニーウォークマンWシリーズです。本体にヘッドホン部分にメモリが搭載されているので、余計なコード類は一切なく、トレーニング動作を妨げません。

また、防水・防塵仕様なので、大量に汗をかくハードな筋トレや有酸素運動でも安心です。

 

なお、ソニーデジタルオーディオプレーヤーの公式動画はこちらです。是非一度ご覧ください。

・Transcend MP350

Transcend MP3プレーヤー 耐衝撃 MP350 8GB ブルー TS8GMP350B

リーズナブルなボディーに耐衝撃機能を備えたTranscend MP3プレーヤーは、根強い人気を誇るスポーツ向き音楽プレーヤーです。

かなりコンパクトですので、クリップしたりポケットにも入るので邪魔になりません。

・Tayogo Sport Mp3 Player

Tayogo ヘッドホン  bluetooth 水泳防水MP3プレーヤー 8GB 運動歩数計・FMラジオ 国際防水等級IPX8 スポーツ用 防水/海水/防塵/耐寒熱性能搭載 w11(ブラック)

こちらのスポーツ専用MP3プレーヤーは、水泳・スイミング用に開発されたものなので、その防水・防塵機能は他の音楽プレーヤーよりもさらにワンランク上です。

また、ネックレスタイプなので、トレーニング動作を妨げることもありません。

筋トレ基礎情報提供サイト

■筋トレ効果を高める器具グッズ




筋トレの効果を高めるためには、正しいトレーニング方法、正しい食事メニューなどの筋トレ基礎知識が必要ですが、さらに効果を高めていくためには「筋トレ効率を高める器具類」が必須です。下記の記事では、実際に執筆者の運営するジムで使用しているグッズ類をご紹介していますので、是非、ご参照ください。


【筋トレにおすすめの器具グッズ】自宅用からジム用までご紹介




筋トレについて調べる



-▼主要な記事(男性向き)▼-
【筋トレメニュー完全版】
【筋肉部位名称完全図鑑】
自宅筋トレ方法大胸筋の筋トレ
自重筋トレ方法背筋群の筋トレ
チューブ筋トレ三角筋の筋トレ
ダンベル筋トレ三頭筋の筋トレ
マシーン筋トレ二頭筋の筋トレ
バーベル筋トレ腹筋群の筋トレ
筋肥大筋トレ法下半身の筋トレ
---------------

-▼主要な記事(女性向き)▼-
【女性の筋トレ完全解説】
【各運動のカロリー比較】
自宅筋トレ方法大胸筋の筋トレ
自重筋トレ方法背筋群の筋トレ
チューブ筋トレ三角筋の筋トレ
ダンベル筋トレ三頭筋の筋トレ
マシーン筋トレ二頭筋の筋トレ
バーベル筋トレ腹筋群の筋トレ
おしりの筋トレ太ももの筋トレ
---------------


※当サイトの表現するバルクアップとは筋肥大、バストアップとは胸の土台となる大胸筋のバルクアップ、ダイエットとは健康的な体脂肪率の減少、引き締めとは食事管理と合わせた総合的なダイエットを指します。

【執筆者情報】上岡岳|日本アームレスリング連盟所属|元日本代表|国際レフリー|ジムトレーナー|生物学学芸員

筋力トレーニング基礎情報コーナー記事カテゴリー
自重トレーニングチューブトレーニングダンベルトレーニングバーベルトレーニングマシントレーニング筋トレメニュー記事部位別メニュー記事筋トレのさまざまな知識筋トレと食事の知識