blog

【筋トレ後にはモツ煮がおすすめ】臭みをとって食べやすくするレシピをご紹介

競技団体による正しい筋トレ知識メディア

モツ煮は高タンパク質低カロリーで、しかも材料がリーズナブルなので、大量のタンパク質が必要なバルクアップ筋トレ後におすすめの食事です。
しかし、モツには独特の臭みがあるので苦手な方も少なくありません。そこで、今回は臭みをとって食べやすくしたモツ煮の作り方をご紹介します。

スポンサーリンク


※本記事は提供元サイト(BUKIYA-MOBILE/武器屋.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。


※本記事は世界チャンピオン金井選手山田選手も所属し、ワールドゲームズや国体にも参加実績のある公式競技団体「JAWA」の情報記事として公開されています。

■モツ煮のカロリー・栄養素

●何度か茹でると大幅にカロリーカットができる

こちらが、今回の材料のモツ(茹で加工済み)と白ネギです。まずは、モツ100gのカロリー・栄養素を見てみましょう。

エネルギー179kcal

タンパク質11.7g (46.8kcal)

脂質13.8g (124.2kcal)

炭水化物0g (0kcal)

なお、この数値は生もつの場合であり、後述のように何度も煮込んだ場合は、大幅にカロリーカットが可能です。

■臭くないモツ煮の作り方

●茹でて焼いて炙るのがポイント

すでに茹で加工済みの白モツですが、余分な脂質を落とすためと、少しでも臭みを取り除くために、大量のお湯で数回茹でては茹で湯を捨てます。

脂身がほとんどなくなったところで、テフロン加工のフライパンで油を使わずに焼いていきます。同時にクッキングバーナーで表面を丹念に炙ります。

焼いて炙ることで、大幅に臭みが軽減されます。

焼きと炙りが終わったら、大量のネギと一緒に煮込んでいきます。これにより、さらに臭みが軽減されます。

煮込みがある程度進んだら、たっぷりとおろし生姜を加えてさらに煮込んでいきます。生姜の働きで、劇的に臭みがなくなります。

みりん醤油と唐辛子で味付けをし、さらに仕上げの煮込みを行います。

出来上がりました。モツ煮は非常にコストパフォーマンスの高い食材ですので、臭みさえとれば最高レベルの筋トレ食材になります。是非お試しください。

■食材別の料理レシピ集



筋トレやダイエット後にタンパク質食品として欠かせないのが、牛肉・豚肉・鶏肉・魚介類などです。下記のリンク先で各食品それぞれのバルクアップ向き・ダイエット向きレシピをご紹介していますので、日々の食事メニューの参考にご活用ください。

【牛肉料理レシピ集】
【豚肉料理レシピ集】
【鶏肉料理レシピ集】
【魚介料理レシピ集】

■食品・食材・食事メニュー名での検索




当サイトでは、筋力トレーニング(筋肥大バルクアップ・減量ダイエット)に適した食事レシピ・食材紹介を1000記事以上のボリュームでご紹介しています。


気になる食品・食材・食事メニュー名を入力の上、サイト内の検索を行って情報を入手してください。


▼食品・食材・メニュー名で検索


■筋トレむき食品のご紹介




ダイエットや筋トレによいタンパク質食品と言えばサラダチキンが有名ですが、最近ではサラダチキンにかわりカツオスティックに人気が高まっているのをご存知でしょうか?


サラダチキンより高タンパク質で、なおかつ料理レシピのアレンジ幅も広いのが特徴です。詳しくは下記の記事でご紹介していますので、ご参照ください。


▼詳細記事


【サラダチキンもいいけどカツオスティックも◎】ダイエットや筋トレに最適なタンパク質食品




【トレーニング記事カテゴリー】

自重トレーニングチューブトレーニングダンベルトレーニングバーベルトレーニングマシントレーニングバランスボール筋トレ筋トレメニュー記事部位別メニュー記事筋肉部位別の名称・構造・作用筋トレのさまざまな知識筋トレと食事の知識バルクアップ筋トレ記事細マッチョ筋トレ記事筋トレ女子向き記事筋トレ初心者向き記事アラフォー男女向き記事アラフィフ男女向き記事トレーニンググッズ記事実際の食材レポート記事発想の筋トレコラム記事腕相撲が強くなる筋トレ各競技アスリート執筆記事


※当サイトの表現するバルクアップとは筋肥大、バストアップとは胸の土台となる大胸筋のバルクアップ、ダイエットとは健康的な体脂肪率の減少、引き締めとは食事管理と合わせた総合的なダイエットを指します。

【執筆者情報】上岡岳|日本アームレスリング連盟常任理事|元日本代表|国際レフリー|ジムトレーナー|生物学学芸員