blog

【バナナ豆腐アイスクリーム】筋トレやダイエットにおすすめのヘルシースイーツ

競技団体による正しい筋トレ知識メディア

ダイエットには乳脂肪分が大敵となるアイスクリームですが、そのトロミを絹ごし豆腐とバナナで置き換えたチョコチップアイスクリームつくりにチャレンジしました。

スポンサーリンク


※本記事は提供元サイト(BUKIYA-MOBILE/武器屋.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。

※当サイトの記事は高速表示低パケット化のため一部の動画を静止画表示にしています。各トレーニング種目の動画付き解説はこちらの一覧からご覧ください。

■絹ごし豆腐のカロリー・栄養素

●生クリームに比べると遥かに低カロリー

こちらが、今回の材料の絹ごし豆腐・バナナ・チョコチップ・ヘーゼルナッツシロップで、絹ごし豆腐100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:56kcal

タンパク質:4.9g (19.6kcal)

脂質:3g (27kcal)

炭水化物:2g (8kcal)

絹ごし豆腐は、生クリームに比べると、遥かに低カロリーであることがわかります。

■バナナ豆腐アイスクリームの作り方

●いかに豆腐の水気をきるかがポイント

豆腐をアイスクリーム化する場合の、最大の阻害要因は「水分」です。

水分が多いと、凍らせた時にシャリシャリとシャーベット状になり、滑らかさが損なわれますので、何度もクッキングペーパーでくるみ、しっかりと水分を取り除いていきます。

絹ごし豆腐の水分をしっかりと取り除いたら、フードプロセッサーにかけます。

かなり、トロッと仕上がりました。

チョコチップとヘーゼルナッツシロップを加え、さらにフードプロセッサーにかけていきます。

チョコチップが好みの大きさに砕けたら、冷凍用の陽気に移し、冷凍庫に入れて出来上がりです。

このような感じになりました。

普通のアイスクリームに比べると、ややシャリシャリ感はありますが、かなりトロッとして、十分に美味しかったです。

■食品・食材・食事メニュー名での検索




当サイトでは、筋力トレーニング(筋肥大バルクアップ・減量ダイエット)に適した食事レシピ・食材紹介を1000記事以上のボリュームでご紹介しています。


気になる食品・食材・食事メニュー名を入力の上、サイト内の検索を行って情報を入手してください。


▼食品・食材・メニュー名で検索


■筋トレむき食品のご紹介




ダイエットや筋トレによいタンパク質食品と言えばサラダチキンが有名ですが、最近ではサラダチキンにかわりカツオスティックに人気が高まっているのをご存知でしょうか?


サラダチキンより高タンパク質で、なおかつ料理レシピのアレンジ幅も広いのが特徴です。詳しくは下記の記事でご紹介していますので、ご参照ください。


▼詳細記事


【サラダチキンもいいけどカツオスティックも◎】ダイエットや筋トレに最適なタンパク質食品



※当サイトの表現するバルクアップとは筋肥大、バストアップとは胸の土台となる大胸筋のバルクアップ、ダイエットとは健康的な体脂肪率の減少、引き締めとは食事管理と合わせた総合的なダイエットを指します。

【執筆者情報】上岡岳|日本アームレスリング連盟常任理事|元日本代表|国際レフリー|ジムトレーナー|生物学学芸員