blog

【筋トレが続かない人の目標設定・継続のコツ】短期・中期・長期にわけてやる気を持続させる

競技団体による正しい筋トレ知識メディア

筋トレが続かない…本当によく受ける質問です。実際、1ヶ月もたたずに止めてしまう人も少なくありません。これは、ケースバイケースで一概にアドバイスするのが大変難しいことですが、筆者のジムでの筋トレの目標設定をご紹介します。

スポンサーリンク


※本記事は提供元サイト(BUKIYA-MOBILE/武器屋.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。

※当サイトの記事は高速表示低パケット化のため一部の動画を静止画表示にしています。各トレーニング種目の動画付き解説はこちらの一覧からご覧ください。

■短期・中期・長期=大中小の目標を持つ

目標設定の理想論を言えば、一ヵ月単位の小さな目標、一年単位の中くらいの目標、数年がかりの大きな目標を設定することです。

筆者が一番関わることの多い「筋肥大目的の男性」を具体例にしたいと思います。

■まずは変化すること

筋トレを始めたということは、自分の身体を変えたい、場合によっては理想の身体になることで心のあり方も変えたいということだと思います。

なら、続けましょう。正しい筋トレを続ければ、三ヶ月で変化が感じられます。それは、自分にしかわからない小さな変化ですが、「引き締まった」「筋肉に張りがでてきた」など必ず変化があります。

まずは三ヶ月続けること、それが最初の小さく短く、でも実は一番難しい目標です。

■競技を目指そう

三ヶ月筋トレが続いた人は、鍛えれば変化することがわかるので、生活環境に変化がなければ年単位で続くことが多いようです。

ただし、ただ続けるだけで大きな変化が見られない人も少なくありません。

もちろん、ただ続けるだけでも健康のためにはとても素晴らしいことです。でも、どうせ筋トレを続けるならば年単位の少し大きめの目標を持ってステップアップを狙いたいですよね。

さらにステップアップするためには、パワーリフティング、アームレスリング、ボディービルなどの競技を目指すのも有効な方法の一つです。

やはり、何か目標を持って日々の筋トレに臨むと、自分自身に対する追い込みも厳しくなり成果も上がるものです。

■チャンピオンを目指そう

cup-1614530_960_720.png

大きな壁ではありますが、一度競技に出場した人は、さらに高い目標をもって筋トレを続ける人が多くなります。

何年かかるかわかりませんが、長期目標としては、やはりチャンピオンを目指したいですね。

最近は地方大会も充実していますし、40代、50代、60代とマスターズ競技も盛んになってきています。

人生の大きく長い目標として、ぜひチャンピオンを目指しましょう。地方大会の次には全国大会、その先にはアジア大会や世界大会と高みに終わりはありません。

■そして鍛えることが生きることに

happy-1517986_960_720.jpg

3年以上筋トレを続けた人は、一生鍛え続けると言われています。人は誰しも年をとりますが、身体を鍛えている人とそうでない人とでは、衰えの速度も違います。

ぜひ、生涯の活動として筋トレを続けてください。

■種目・筋肉・筋トレメニュー名での検索




当サイトでは、筋力トレーニング(筋肥大バルクアップ・減量ダイエット)・筋肉部位別筋トレメニューを1000記事以上のボリュームでご紹介しています。


気になる種目・筋肉・筋トレメニュー名を入力の上、サイト内の検索を行って情報を入手してください。


▼種目・筋肉・メニュー名で検索


■筋トレ効果を高める器具グッズ




筋トレの効果を高めるためには、正しいトレーニング方法、正しい食事メニューなどの筋トレ基礎知識が必要ですが、さらに効果を高めていくためには「筋トレ効率を高める器具類」が必須です。下記の記事では、実際に執筆者の運営するジムで使用しているグッズ類をご紹介していますので、是非、ご参照ください。


【筋トレにおすすめの器具グッズ】自宅用からジム用までご紹介



※当サイトの表現するバルクアップとは筋肥大、バストアップとは胸の土台となる大胸筋のバルクアップ、ダイエットとは健康的な体脂肪率の減少、引き締めとは食事管理と合わせた総合的なダイエットを指します。

【執筆者情報】上岡岳|日本アームレスリング連盟常任理事|元日本代表|国際レフリー|ジムトレーナー|生物学学芸員