blog

【腕相撲に勝つ握力の鍛え方】まだ普通にハンドグリップを握ってるの?|ピンチ力が大事

競技団体による正しい筋トレ知識メディア
【トレーニング情報コーナートップへ】

腕相撲に勝つために必要な握力の種類と鍛え方を、アームレスリング元日本代表の筆者が解説します。握力にはクラッシュ・ピンチ・ホールドの三種類があり、それぞれの特性を理解することが重要です。

スポンサーリンク


※本記事は提供元サイト(BUKIYA-MOBILE/武器屋.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。


※本記事は世界チャンピオン金井選手山田選手も所属し、ワールドゲームズや国体にも参加実績のある公式競技団体「JAWA」の情報記事として公開されています。

※当サイトでは、科学的に正しい記載を行うことを第一に考えており、「厚生労働省|eヘルスネット」および公共性の高い情報サイトである「Wikipedia」からエビデンスを担保しています。主なエビデンスに関してはこちらのページでご確認ください。

■トップロールとフック

●腕相撲・アームレスリングの二大技

腕相撲やアームレスリングには、大きく方向性の違う二つの技があり、それはトップロールとフックです。

■握力の三種類とは

●クラッシュ・ピンチ・ホールド

握力には三種類があり、それぞれクラッシュ力・ピンチ力・ホールド力と呼ばれています。

●クラッシュ力

hand-63751_960_720.jpg

体力測定などで計るもっとも一般的な握力で、指を握りこんだ状態で握りつぶす力のことです。

手で握る道具を使う多くのスポーツ競技で、かなり重要な要素ですが、腕相撲やアームレスリングでは、相手の手は指を握りこめるほど小さくないので、あまり重要ではありません。

上の図のように、ハンドグリッパーを普通に握って反復することで鍛えることが可能です。

●ピンチ力

hand-1582519_960_720.jpg

トップロールを一言で表現すると「相手の親指をコントロールして倒す技」です。

腕相撲やアームレスリングで手を組んだときに、相手の親指をグリップするのは親指・人差し指・中指の三本で、握るときは指が半ば伸びた状態です。

この状態で必要となる握力は「つまむ力」=ピンチ力で、上図のようにハンドグリップを逆向きに保持して開閉することで鍛えられます。

トップロールのほうが自分に向いている人は、このようなハンドグリップの使い方のほうが、腕相撲で強くなるためには効率的です。

このほかにも、ブロックやウエイトプレートなどを親指・人差し指・中指の三本でつまんで保持する鍛え方もあります。

●ホールド力

fingers-1263375_960_720.jpg

フックでトップロールに負けないためにもっとも重要なことは、指先を開かされずに相手の手の甲を押さえることで、このような握力をホールド力と呼びます。

ホールド力を鍛えるためにおすすめの方法はいくつかありますが、通常のトレーニングのなかで無意識に鍛えるためには、ウレタンなどをバーに巻きつけグリップを太くする方法が一般的です。

また、メディシンボールなどの重い球形のものを指全体で掴んで保持するトレーニング方法も有効です。

■関連記事

腕相撲のコツと使う技ごとの筋トレ

腕相撲のテクニック|一撃で技を決める

■腕相撲が強くなる筋トレ方法の一覧

腕相撲が強くなる筋トレメニュー一覧

■腕相撲が強くなるには結局実戦練習が一番

今回は、腕相撲が強くなる方法をご紹介してきましたが、結論を言えば、腕相撲が強くなるための一番の近道は、結局はその道の専門家=アームレスラーと一緒に実戦練習を行い、直接技を教えてもらうことです。

日本アームレスリング連盟には全国に支部連盟・クラブチームがあります。

是非、お気軽に、ご連絡ください!

日本連盟お問い合わせ先

事務局:佐藤正人
住所:〒300-1216茨城県牛久市神谷6-36-8
電話:029-874-5364
FAX:029-842-5801
お問い合わせフォームはこちら

全国支部連盟・クラブチーム一覧

全国支部連盟・クラブチーム一覧はこちらから

スポンサーリンク







※当サイトの表現するバルクアップとは筋肥大、バストアップとは胸の土台となる大胸筋のバルクアップ、ダイエットとは健康的な体脂肪率の減少、引き締めとは食事管理と合わせた総合的なダイエットを指します。

【執筆者情報】上岡岳|日本アームレスリング連盟常任理事|元日本代表|国際レフリー|ジムトレーナー|生物学学芸員