blog

【サラダチキンもいいけどカツオスティックも◎】ダイエットや筋トレに最適なタンパク質食品

競技団体による正しい筋トレ知識メディア
【トレーニング情報コーナートップへ】

ダイエットや筋トレによいタンパク質食品と言えばサラダチキンが有名ですが、最近ではサラダチキンにかわりカツオスティックに人気が高まっているのをご存知でしょうか?

今回は話題のカツオスティックについて詳しくご紹介します。

スポンサーリンク


※本記事は提供元サイト(BUKIYA-MOBILE/武器屋.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。


※本記事は世界チャンピオン金井選手山田選手も所属し、ワールドゲームズや国体にも参加実績のある公式競技団体「JAWA」の情報記事として公開されています。

■サラダチキンとカツオスティックの比較

まずは、カツオスティックとサラダチキンのカロリー・栄養素を比較してみましょう。

●カツオスティックの100gカロリー・栄養素

カロリー:147kcal
タンパク質:29.2g
脂質:2.3g
炭水化物:2.4g

●サラダチキン100gのカロリー・栄養素

カロリー:133kcal
タンパク質:26.1g
脂質:2.6g
炭水化物:1.2g

●カツオスティックのほうが高タンパク質低脂質

数値をご覧の通り、カツオスティックのほうが高タンパク質で、なおかつ低脂質であることがわかります。つまり、カツオスティックのほうがよりダイエット・筋トレ向きであるということです。

なお、カロリーがカツオスティックのほうが高いのはタンパク質のカロリーですので、太りやすい脂質カロリーではありません。

■カツオスティックの凄いところ

カツオスティックがサラダチキンよりも優れているのは、カロリー・栄養素的な数値だけではありません。その代表的なものが以下のことです。

①そのまま食べてもサラダチキンと違い汁がこぼれない

②脂質が不飽和脂肪酸なのでヘルシー

③筋合成・糖質代謝に関わるビタミンB群が豊富

④アレンジ料理も可能

特に④は飽きがこないという点で重要で、普通にカツオの食材として利用できるのが嬉しいポイントです。

それでは、次の項目ではカツオスティックの具体的なレシピ例をご紹介します。

■カツオスティックのレシピ例

カツオスティックとオクラ・アボガドのサラダ

カツオスティックの大根サラダ

カツオスティックのそうめん

カツオスティックの鰹炊き込みご飯

カツオスティックの炒飯

そのままおつまみにもOK

■カツオスティックの入手先

吉永鰹節店 超鰹力 醤油味|生姜味

カツオスティックの入手先は、実際に筆者も入手した上記販売店がおすすめです。



【トレーニング記事カテゴリー】

自重トレーニングチューブトレーニングダンベルトレーニングバーベルトレーニングマシントレーニングバランスボール筋トレ筋トレメニュー記事部位別メニュー記事筋肉部位別の名称・構造・作用筋トレのさまざまな知識筋トレと食事の知識食品のカロリーと栄養素バルクアップ筋トレ記事細マッチョ筋トレ記事筋トレ女子向き記事筋トレ初心者向き記事アラフォー男女向き記事アラフィフ男女向き記事トレーニンググッズ記事実際の食材レポート記事発想の筋トレコラム記事腕相撲が強くなる筋トレ各競技アスリート執筆記事


※当サイトの表現するバルクアップとは筋肥大、バストアップとは胸の土台となる大胸筋のバルクアップ、ダイエットとは健康的な体脂肪率の減少、引き締めとは食事管理と合わせた総合的なダイエットを指します。

【執筆者情報】上岡岳|日本アームレスリング連盟常任理事|元日本代表|国際レフリー|ジムトレーナー|生物学学芸員