blog

【筋トレむきサラダチキンラーメン】コンビニで買ってすぐに作って食べられるバルクアップ飯

競技団体による正しい筋トレ知識メディア

ローソンやセブンイレブンなどのコンビニで買って帰って、すぐに作って食べられて、高タンパク質なバルクアップ飯である「サラダチキン+チキンラーメン」のコラボ食事メニューをご紹介します。

スポンサーリンク


※本記事は提供元サイト(BUKIYA-MOBILE/武器屋.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。

※当サイトの記事は高速表示低パケット化のため一部の動画を静止画表示にしています。各トレーニング種目の動画付き解説はこちらの一覧からご覧ください。

■サラダチキンとチキンラーメンのカロリー・栄養素

●一緒に食べると理想的な栄養バランスになる

こちらが、今回の材料のチキンラーメン(どんぶり)・サラダチキン(ローソン)・サラダ(ローソン)です。チキンラーメンとサラダチキンのそれぞれ一食あたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

○チキンラーメンのカロリー・栄養素

エネルギー:370kcal
タンパク質:10.3g (41.2kcal)
脂質:12.9g (116.1kcal)
炭水化物:53.2g (212.8kcal)

○サラダチキンのカロリー・栄養素

エネルギー:131kcal
タンパク質:27.4g (109.6kcal)
脂質:1.6g (14.4kcal)
炭水化物:3.3g (13.2kcal)

筋トレ後はタンパク質(だけ)摂取する、という誤解が多くありますが、実際は、筋トレをして筋肥大をするためには、タンパク質だけでなく最低でもタンパク質の二倍の筋肉合成カロリーが必要になります。

炭水化物や脂質のカロリーを摂らず、サラダチキンだけを食べたとしたら27gあるタンパク質のうち18gもが、単純に筋肉合成カロリーとして燃焼されてしまいとても非効率です。

しかし、チキンラーメンを追加することで、合計タンパク質37.7g(151.8kcal)に対して総カロリー501kcalとなり、かなり理想的なバルクアップ栄養バランスになります。

■筋トレむきサラダチキンラーメン

●サラダチキンを茹でて入れるだけ

まずは、チキンラーメンに使うお湯を沸かしますが、その時に一緒にサラダチキンも茹でます。

このような感じで、沸騰させるとサラダチキンもなかまで温かくなります。

チキンラーメンを開封し、サラダを入れます。身体のことを考えると、タンパク質・脂質・炭水化物だけでなく野菜の食物繊維もしっかりと摂りたいですね。

さらにサラダチキンを乗せ、お湯を注ぎます。

かなり具沢山になり、ふたがしっかり閉まりませんので、重しをして3分間待ちます。なお、カップラーメンの重しには1.25kgのダンベルプレートがサイズもぴったりで最適です。

出来上がりました、簡単に作れて美味しく、さらにバルクアップにも最高レベルなので、是非お試しください。

■人気のラーメン記事一覧

【筋トレむき鮭ラーメンの作り方】筋肥大効果が高いサーモンヌードルの簡単筋肉飯レシピ

【筋トレむきサラダチキンラーメン】コンビニで買ってすぐに作って食べられるバルクアップ飯

【筋トレむき焼肉塩ラーメン】インスタント袋麺をカロリーカットする方法

【筋肉をつける親子丼ラーメン】筋トレ翌日の朝食におすすめの食事メニュー

20171016153702827.jpg

【筋トレむきバルクアップラーメン】具と副食で蛋白強化|低糖質ラーメンもご紹介

■食品・食材・食事メニュー名での検索




当サイトでは、筋力トレーニング(筋肥大バルクアップ・減量ダイエット)に適した食事レシピ・食材紹介を1000記事以上のボリュームでご紹介しています。


気になる食品・食材・食事メニュー名を入力の上、サイト内の検索を行って情報を入手してください。


▼食品・食材・メニュー名で検索


■筋トレむき食品のご紹介




ダイエットや筋トレによいタンパク質食品と言えばサラダチキンが有名ですが、最近ではサラダチキンにかわりカツオスティックに人気が高まっているのをご存知でしょうか?


サラダチキンより高タンパク質で、なおかつ料理レシピのアレンジ幅も広いのが特徴です。詳しくは下記の記事でご紹介していますので、ご参照ください。


▼詳細記事


【サラダチキンもいいけどカツオスティックも◎】ダイエットや筋トレに最適なタンパク質食品



※当サイトの表現するバルクアップとは筋肥大、バストアップとは胸の土台となる大胸筋のバルクアップ、ダイエットとは健康的な体脂肪率の減少、引き締めとは食事管理と合わせた総合的なダイエットを指します。

【執筆者情報】上岡岳|日本アームレスリング連盟常任理事|元日本代表|国際レフリー|ジムトレーナー|生物学学芸員