blog

カールの種類とやり方|アームレスリング基本用語

アームレスリングの「カール」について解説します。

カールの意味

読み方:かーる

英語:curl

区分:トレーニング用語

カールとは肘関節屈曲動作で行うトレーニング種目の総称で、アームレスリングの筋力トレーニングのなかでも重要度が高い種目です。

カールが効果のある筋肉部位

上腕二頭筋に効果がある

上腕二頭筋は上腕部の前面に位置する表層筋で、長頭と短頭に分けられ、全部位が共働して肘関節を屈曲させる作用があります。

各部位の作用は以下の通りです。

〇長頭:肘関節の屈曲

〇短頭:肘関節の屈曲と前腕回外

上腕二頭筋の起始停止

上腕二頭筋の起始停止は以下のとおりです。

起始

長頭:肩甲骨関節上結節

短頭:肩甲骨烏口突起

停止

橈骨粗面および尺骨の前腕筋膜

肘関節の構造

肘関節は上腕骨・橈骨・尺骨の3つの骨から構成されており、それぞれ腕橈関節(上腕骨と橈骨)、腕尺関節(上腕骨と尺骨)、上橈尺関節(橈骨と尺骨)と呼ばれる3つの関節からできている複関節です。

肘関節(ちゅうかんせつ)は、肘にある関節。肘関節は上腕骨と橈骨、尺骨から成る関節であり複関節に分類される。蝶番関節としても分類される。

引用:Wikipedia「肘関節」

カールの種類とやり方

カールには大きく以下のような種類があります。

ノーマルカール

ノーマルグリップ(手の平が上を向く握り方)で構えるカールで、上腕二頭筋全体に効果があります。

ダンベルを持ち上げた位置で、小指が上を向く方向に前腕を回外回旋させると上腕二頭筋が完全収縮して効果が高まります。

また、本種目はダンベルを持ち上げる時のコンセントリック収縮(短縮性収縮)だけでなく、ダンベルを下ろす時にゆっくりとウエイトに耐えながら、上腕二頭筋にエキセントリック収縮(伸長性収縮)を加えることも大切なポイントです。

ハンマーカール

ダンベルハンマーカールは上腕二頭筋長頭に集中的な効果があるダンベルトレーニングです。

なお、ダンベルをグリップする時は、手首関節への負担を避けるため、あまり強くシャフトを握りしめずに、親指と人差し指の上にプレートを乗せるように保持することをおすすめします。

コンセントレーションカール

ダンベルコンセントレーションカールは上腕二頭筋短頭に集中的な効果があるダンベルトレーニングです。

ダンベルを持ち上げたら、その位置で小指が上を向く方向に前腕を回外回旋させて上腕二頭筋短頭を完全収縮させます。

インクラインカール

インクラインカールはインクラインベンチを使用するカールで、肘を後ろに引いた位置で動作を行うことで、より強く上腕二頭筋短頭を収縮させることができます。

サイドカール

サイドカールは通常のカール軌道を内側(胸の中央へ向けて上げる)に変更したバリエーションで、上腕二頭筋長頭に負荷がかかります。

プリチャーカール

アームカール台に肘を固定して行うバリエーションで、より集中的に上腕二頭筋に負荷を集中できます。

リバースカール

リバースグリップ(手の甲が上を向く握り方)で行うバリエーションで、上腕二頭筋長頭と前腕筋群に効果があります。

ドラッグカール

ドラッグカールは上腕二頭筋短頭に高負荷をかけられるコンパウンド(複合関節)ダンベルトレーニングです。

ドラッグカールは、基本的にはアイソレーション種目(単関節運動)であるカールで、意図的に肘を引いて高重量を上腕二頭筋にかけるコンパウンド種目(複合関節運動)です。

カール系種目の動画つき解説一覧

チューブカール
チューブハンマーカール
チューブコンセントレーションカール
チューブリバースカール

ダンベルカール
ダンベルハンマーカール
ダンベルコンセントレーションカール
ダンベルドラッグカール
ダンベルサイドカール
ダンベルリバースカール

マシンカール
ケーブルカール

バーベルカール
EZバーカール
バーベルプリチャーカール
バーベルリバースカール
バーベルドラッグカール

アームレスリングのことならJAWA

今回はアームレスリングのカールについて解説しました。

一般社団法人JAWA日本アームレスリング連盟には全国に支部連盟・クラブチームがあります。

もっと詳しくアームレスリングについて知りたいという方は、是非、お気軽に、ご連絡ください!

日本連盟お問い合わせ先

事務局:佐藤正人
住所:〒300-1216茨城県牛久市神谷6-36-8
電話:029-874-5364
FAX:029-842-5801
お問い合わせフォームはこちら

全国支部連盟・クラブチーム一覧

全国支部連盟・クラブチーム一覧はこちらから

アームレスリング基本用語集に戻る

スポンサーリンク