blog

【デッドリフトにはどっち?】強くなるにはリストストラップではなくリストラップのほうがおすすめ

競技団体による正しい筋トレ知識メディア
【トレーニング情報コーナートップへ】

デッドリフトにはリストストラップを使うと効率的…ネット記事にあふれている情報ですが、バーベルと手を紐でつなぎ「本当は持てない重量で鍛えた背筋」が実際のスポーツ競技で役に立つでしょうか?

さまざまなスポーツ競技で、道具と手・相手と手を何かで結ぶことができますか?

できませんよね。ですから、自身の握力で保持できない領域の背筋力は、スポーツ競技においてまずもって発揮できません。スポーツ競技の補助としてデッドリフトなどの背筋トレーニングをするのであれば、「背筋力を発揮できる握力」を鍛えるべきです。

そんな時に、有効な補助ギアは「リストストラップ」ではなく「リストラップ」です。

※筋トレ専門サイトGLINTより転載

スポンサーリンク


※本記事は提供元サイト(BUKIYA-MOBILE/武器屋.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。


※本記事は世界チャンピオン金井選手山田選手も所属し、ワールドゲームズや国体にも参加実績のある公式競技団体「JAWA」の情報記事として公開されています。

※当サイトでは、科学的に正しい記載を行うことを第一に考えており、「厚生労働省|eヘルスネット」および公共性の高い情報サイトである「Wikipedia」からエビデンスを担保しています。主なエビデンスに関してはこちらのページでご確認ください。

■リストストラップとリストラップの違い

写真のむかって左がリストストラップ、右がリストラップです。そのそれぞれの使い方は以下のようになります。

●リストストラップの使い方

リストストラップはこの写真のように、まず手首に通し、それからシャフトに数回巻きつけて使用します。もちろん、その効果を完全に否定するわけではなく、握力が先に弱ってしまって背中が追い込めない場合に用いれば、自身で保持できる以上の強度で背筋群を追い込むことができるので、効率的に背中を筋肥大できます。

ボディービル系のトレーニングなどでは非常に有効な補助ギアと言えるでしょう。

・リストストラップの巻き方

こちらが、リストストラップの巻き方をわかりやすく開設している動画です。ご参照ください。

また、よく似た効果のものに「パワーグリップ」もあり、リストストラップより保持力は落ちるものの、装着が素早くできるという利点があります。

なお、リストストラップおよびパワーグリップはパワーリフティングの公式競技での使用は認められていません。

●リストラップの使い方

一方、リストラップはこのように手首関節をまたぐように巻き、プレス系種目で手首が曲がって力が入らなくなったり、手首を痛めてしまうのを予防するのに用います。

・リストラップの巻き方

こちらが、リストラップの巻き方を詳しく解説している動画です。一般的な60cmタイプのリストラップの基本的な巻き方のコツは「一周目をきつく巻き二周目は好みで調節する」ということです。

・公式競技でのリストラップの巻き方

リストラップは、親指付近までできるだけ深く巻くことで、サポート効果が向上しますが、パワーリフティング・ベンチプレスの公式競技では、手首関節より2cmまでという規定があります。

スポンサーリンク

■デッドリフトでのリストラップとリストストラップ

●パワーリフティング元全日本王者による解説

筆者プロフィールはこちら

戦績:2011年世界パワーリフティング選手権大会ベンチプレス種目別2位など

当サイトにパワーリフティングのテクニックや鍛え方について、客員執筆をしてくださっている奥谷氏によれば、デッドリフトにおいてリストラップとリストストラップを使う意味は以下のように記載されています。

【以下、奥谷氏執筆記事より引用】

「35cmのリストラップを強めに巻くと、バーベルシャフトが若干、手から離れにくくなります。もちろん、パワーリフティングの公式大会でも使えるテクニックです。」

●リフティングストラップ

「特にパワーリフティングの大会に出られない方であれば、リフティングストラップの使用は問題ないと考えています。リフティングストラップは握力の補助だけでなく、肩が脱力しやすくなるので、高重量を引きやすくなります。」

【引用ここまで】

▼引用記事

●わかりやすく言えば握力測定

誰しも、一度は握力測定をしたことがあると思いますが、この時にもう一方の手で測るほうの手首を握ると、握力が若干増加するのをご存知の方も少なくないのではないでしょうか。

デッドリフト時にリストラップを巻くのは、わかりやすく言えばこれと同じで、若干の握力上昇効果があるからです。

デッドリフトへの取り組みは人それぞれですが、スポーツ競技の補助トレーニングであるのならば、リストストラップではなくリストラップを使い、「自分の手で握ってコントロールできる背筋力」を鍛えていくのが現実的です。

なお、アームレスラーである筆者のトレーニングは、背筋系のトレーニングが主体ですが、リストストラップは使用しません。

リストラップも引くトレーニングでは極力使用しないようにしていますが、実戦練習の翌日など、握力が低下している時にはリストラップを巻くようにしています。

■おすすめのリストラップ

下記の記事では、各メーカーのリストラップをご紹介するだけでなく、普及品とハイレベル品の弾性力の違いを「ウエイト下垂実験」によって検証しています。是非、ご一読ください。

▼関連記事

スポンサーリンク







※当サイトの表現するバルクアップとは筋肥大、バストアップとは胸の土台となる大胸筋のバルクアップ、ダイエットとは健康的な体脂肪率の減少、引き締めとは食事管理と合わせた総合的なダイエットを指します。

【執筆者情報】上岡岳|日本アームレスリング連盟常任理事|元日本代表|国際レフリー|ジムトレーナー|生物学学芸員