blog

【筋トレ後にはブリ照り焼き丼】バルクアップを不飽和脂肪酸で加速する魚料理レシピ

競技団体による正しい筋トレ知識メディア
【トレーニング情報コーナートップへ】

ブリは高タンパク質なだけでなく、バルクアップに有効な不飽和脂肪酸の脂質を含んでいるので、筋肥大筋トレ後の食事としておすすめです。今回は、簡単に作れて美味しいブリの照り焼き丼の作り方をご紹介します。

スポンサーリンク


※本記事は提供元サイト(BUKIYA-MOBILE/武器屋.net)より転載・出力しています。著作権・コンテンツ権・引用および免責事項についてはこちらをご参照ください。


※本記事は世界チャンピオン金井選手山田選手も所属し、ワールドゲームズや国体にも参加実績のある公式競技団体「JAWA」の情報記事として公開されています。

※当サイトでは、科学的に正しい記載を行うことを第一に考えており、「厚生労働省|eヘルスネット」および公共性の高い情報サイトである「Wikipedia」からエビデンスを担保しています。主なエビデンスに関してはこちらのページでご確認ください。

■ブリのカロリー・栄養素

●高タンパク質+適度な不飽和脂肪酸

まずは、ブリ100gあたりのカロリー・栄養素を見ていきましょう。

○ブリ切り身のカロリー・栄養素

エネルギー:257kcal

タンパク質:21.4g (85.6kcal)

脂質:17.6g (158.4kcal)

炭水化物:0.3g (1.2kcal)

かなりの高タンパク質で、さらに筋肥大に必要な筋肉合成カロリーとして適切な脂質も含んでいます。

この脂質は、不飽和脂肪酸と呼ばれる良質コレステロールを多く含み、また、ホルモンの材料ともなるため、適度で良質な脂質摂取は筋トレの効果を大きく高めてくれます。

■ブリの照り焼き丼

●フライパン一つで簡単調理

まずは、ブリの切り身をフライパンで焼いていきます。ブリは匂いが強めの魚種なので、蓋はせず匂いを飛ばしながら焼いていきます。

このように、皮をクッキングバーナーで炙ると、匂いが飛ぶだけでなく香ばしい風味が強まるのでおすすめです。

やや、焦げ目がつく程度に炙るのがポイントになります。

ブリが焼けたら、味の相性の良い大根を細切りにしたものを、みりん醤油で味付けをして煮込んでいきます。

大根が半透明になったら、炊き上がりの目安です。

あとは、熱々のご飯の上に野菜とともに盛りつけて完成です。とても簡単で美味しく、筋肥大にも効果が高い料理なので、是非チャレンジしてみてください。

スポンサーリンク







※当サイトの表現するバルクアップとは筋肥大、バストアップとは胸の土台となる大胸筋のバルクアップ、ダイエットとは健康的な体脂肪率の減少、引き締めとは食事管理と合わせた総合的なダイエットを指します。

【執筆者情報】上岡岳|日本アームレスリング連盟常任理事|元日本代表|国際レフリー|ジムトレーナー|生物学学芸員